よくある質問一覧

よくある質問をまとめました。

保険会社との示談で注意する点は、ありますか。

交通事故や医療過誤にあった場合、交通事故の加害者や病院が加入している保険会社の担当者が対応するのが通常です。 …続きを読む

弁護士費用特約について、教えて下さい。

弁護士費用特約とは、自動車保険等に付いている特約で、交通事故等で弁護士を依頼した場合に保険会社が弁護士報酬を一…続きを読む

後遺症(後遺障害)について、教えて下さい。

後遺障害とは、治療をしても完治せず、それ以上治療の効果が見込めない状態で症状が固定した障害のことをいいます(不…続きを読む

後遺症による逸失利益は、どのようにして算定するのですか。

逸失利益とは、得べかりし利益、すなわち、本来得られるはずであったが交通事故等によって得られなくなってしまった利…続きを読む

過失相殺について、教えて下さい。

過失相殺とは、交通事故において、被害者の側にも何らかの落ち度がある場合に、加害者と被害者との間の責任の割合(過…続きを読む

医療過誤事件では、患者側はなかなか病院側に対し勝てないと聞いたことがありますが、どうなのでしょうか。

医療過誤事件では、患者側が病院側のミス(不法行為構成による過失、又は、債務不履行構成による具体的債務の内容(と…続きを読む

医師の説明義務とはどのようなものでしょうか。

近時、患者の自己決定権を尊重することが重要視されるなかで、医師の説明義務が強く求められるようになってきています…続きを読む

不動産取引において,相手方が説明義務・情報提供義務を負うのはどのような場合ですか。

契約締結過程で必要な情報を集めることは当事者それぞれの自己責任であるというのが原則です。しかし,当事者間に情報…続きを読む

一般社団・財団法人へ移行するには、どうしたらよいですか。

従来の公益法人から公益三法の施行により特例民法法人となった法人は、行政庁の認可を受けて、一般社団・財団法人とな…続きを読む

従来の公益法人は、新制度の公益社団・財団法人や一般社団・財団法人へ移行しないとどうなるのですか。

従来の公益法人は、公益三法の施行日(平成 20 年 12 月1日)から新制度に移行するまでの間は、「特例民法法…続きを読む

公益社団・財団法人へ移行するには、どうしたらよいですか。

従来の公益法人から公益三法の施行により特例民法法人となった法人は、行政庁の認定を受けて、公益社団・財団法人とな…続きを読む

公益社団・財団法人は、公益目的事業以外の事業を行うことができるのですか。

公益社団・財団法人は、公益目的事業以外の事業が投機的な取引、高利の融資のような公益法人の社会的信用を維持する上…続きを読む

公益社団・財団法人や一般社団・財団法人へ移行した後、税法上の取扱いは、どのようになりますか。

公益社団・財団法人は、法人税法上「公益法人等」として取り扱われ、収益事業から生じた所得に対してのみ課税されます…続きを読む

お気軽にお問い合わせ
TOPへ戻る