映画「天空の蜂」(ネタばれはありません)

  • 2015/10/12
  • 宮本ブログ

先日,「天空の蜂」という映画を見てきました。
テロリストが,盗んだ最新鋭の大型ヘリを稼働中の原発上空でホバリングさせ,日本全国の原発の停止を求めるというテロ事件を描いた作品です。原作は,あの東野圭吾です。
緊張感があって,最後まで見る側を飽きさせません。面白かったです。
ただ,エンディングについては,少し好みではなかったかな…(笑)。

3.11や「原発ゼロ」を経験した私たちだからこそ,この作品から読み取れるメッセージがあるのではないかと思います。
原作も読んでみたくなりました。

なお,エンドロールを見て気づきましたが,
この作品には,原子力コンサルタントの佐藤暁氏も関わっておられるようですね。

見ていらっしゃらない方はぜひ。

TOPへ戻る