戸籍謄本等の取り寄せ

  • 2018/11/13
  • 宮本ブログ

 職務上請求と呼ばれる方法により,弁護士が戸籍謄本等を取り寄せることができます(戸籍法10条の2第3項から第5項まで)。ただし,この方法により戸籍謄本等を取り寄せるには,業務の遂行に必要な場合に限られ,利用目的を明らかにする必要があります。
 例えば,離婚訴訟手続代理のため,遺産分割調停手続代理のため,公正証書遺言作成業務のため,相続人の確定のため,売掛金の支払請求を行うにあたって債務者の住所の特定するために,職務上請求を行う場合があります。

PPO_hagaochitaikitotori_TP_V

TOPへ戻る