いじめ授業、主権者教育

  • 2018/12/13
  • 宮本ブログ

先日、市内の中学校、高校で授業を行いました。
中学校ではいじめ授業を、高校では主権者教育を行いました。

いじめ授業はこれまでにも何回かさせてもらっていることもあり、最近のネットいじめの問題も取り入れつつ、限られた時間内でそれなりにお伝えすることができたかなと思います。授業後、質問の手が複数上がったので、質疑応答の時間をもう少し確保すべきだったなと感じました。

主権者教育の方は、大きく分けて、「選挙に行こう!」という内容と「有権者として必要な能力は何か」という内容で話をさせてもらいました。全体的に前向きな内容ですので、授業をしていても不思議と疲れませんでした。生徒のみなさんの感想文みたいなものも読ませてもらいましたが、意外と(といったら怒られるかもしれませんが笑)、用紙いっぱいに書いてくれている人が多くて(8〜9割ぐらいの方)、驚きました。

今後も続けていきたいなと思っています。

NISSJTPENGIN_TP_V

TOPへ戻る