「刻刻」

  • 2014/11/14
  • 鹿島ブログ

以前に比べるとマンガを読むことも少なくなりましたが,最近はまったマンガ「刻刻」をご紹介します。

モーニングに連載されていた堀尾省太さん作のマンガで,先日完結しました。

すごく簡潔に説明すると,止まった時間の中のお話です。

モーニングは読んでいませんが,単行本がいつまで待っても出ない期間があって,連載まで時間を止めないで~と思った時期がありました(作者の方が病気だったりしたらごめんなさい。)。

単に時間が止まった世界が描かれているだけでなく,時間が止まった世界の中ですごいスピード感で想像を超える現象が次々に現れます。

単行本1巻の帯で,水木しげる先生が「オモクロイ」と書かれているのを見て,帯買いしましたが,面白かったです。

TOPへ戻る